<ステップ2B> ライセンスを手動で有効化

Update: 2021.08.06

e-Stageのライセンスを自動有効化する手順は、ご購入されたライセンスによります。

Magics 3D Printing SuiteはMagicsを中心にモジュールやプラグインを拡張していくため、全てのライセンスはMagicsのライセンスサーバーで管理します。基本的に、そのMagicsのライセンスを(再)有効化する手順で、e-Satgeのライセンスを(再)有効化します。


ローカルライセンス

Magicsのローカルライセンスを手動で有効化の手順に沿って、e-SatgeのCCKで弊社ウェブサイトにログインし、e-StageのCCKと対象のシステムIDを紐付け、ライセンスを有効化してください。この際に申請するバージョンは、お使いになるe-Stageのバージョンを指定してください。


フローティングライセンス

Magicsのフローティングライセンスを手動で有効化の手順に沿って、e-SatgeのCCKで弊社ウェブサイトにログインし、e-StageのCCKと対象のComputer IDを紐付け、ライセンスを有効化してください。この際に申請するバージョンは、お使いになるe-Stageのバージョンを指定してください。


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。