<ステップ5C> マシンファイルの設定【e-Stage for Bottom Up】

Update: 2021.10.04

Magicsのマシンファイルにe-Stageパラメータを適切に指定することで、e-Stage for Bottom UpとMagicsを連携して動作させる事が出来ます。


手順 (1/2): プラットフォーム出力と連動させる

前提条件として、マイマシンで適切な3Dプリンタがデフォルトに設定されている必要があります。

  1. 対象3Dプリンタのプラットフォームシーンをアクティブにする。

  2. Magicsのリボンから 造形準備 > マシンプロパティ をクリック。

  3. 左のメニューから Materialise e-Stage 出力 をクリック。

  4. プラットフォーム出力時にe-Stageサポートを生成 のチェックボックスをONにする。

  5. パラメータファイルのプルダウンメニューから、適切なパラメータを指定。


  6. その他のオプションを適切に設定。
    オプションの詳細は納品物の配布マニュアル「e-Stage 設定資料」をご参照ください。

  7. マシンプロパティで変更した設定を保存します。
    変更の保存先: の、アクティブなプラットフォームのみ そして マイマシン の2つのチェックボックスを ON にし、適用 をクリックした後、OK をクリックしてマシンプロパティの画面を閉じる。


  8. 一旦Magicsを終了し、再度起動。

  9. 手順1~3にて、変更が保存され正しく設定されていることを確認。


手順 (2/2): ベースプレートを設定する

前提条件としてSGあるいはSG+のライセンスが必要です。

  1. 対象3Dプリンタのプラットフォームシーンをアクティブにする。

  2. Magicsのリボンから 造形準備 > マシンプロパティ をクリック。

  3. 左のメニューから サポートパラメータ をクリック。

  4. 画面を下にスクロールさせ、ベースプレートの作成 のスイッチを ON にする。

  5. ベースプレートに関するオプションを適切に設定。
    詳細は納品物の配布マニュアル「e-Stage 設定資料」をご参照ください。

  6. マシンプロパティで変更した設定を保存します。
    変更の保存先: の、アクティブなプラットフォームのみ そして マイマシン の2つのチェックボックスを ON にし、適用 をクリックした後、OK をクリックしてマシンプロパティの画面を閉じる。


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。