<ステップ1> e-Stageをインストール

Update: 2021.10.04

事前にご確認ください

  • マテリアライズソフトウェアをインストールするには、管理者権限を持つユーザーとしてWindowsにログインしている必要があります。
  • マテリアライズソフトウェアをインストールする前に、他のアプリケーションをすべて終了するようお勧めします。
  • アンチウイルスやエンドポイントセキュリティなどのセキュリティ関連ソフトウェアがインストールされている場合は、可能な限り一時停止した状態でインストールしてください。一時停止しないでインストールするとマテリアライズソフトウェアが正常動作できない場合があります。こちらをご参照ください。
  • 何らかの理由でインストールできない場合、まずはこちらこちらをご参照ください。
  • マテリアライズソフトウェアにはプロダクトライフサイクルが設定されております。有効なライセンスをお持ちであれば、EOSS以上のステータスになっているプロダクト/バージョンでもお使いいただけますが、EOSS以上のステータスのプロダクト/バージョンに対しては、いかなる種類のサポートもご提供できません。サポート可能な新しいプロダクト/バージョンへのアップグレードを強くお薦めします


インストールの手順

  1. ライセンスに関わらず、e-Stageを動作させたいPCのデスクトップにe-Stageのインストーラーをコピーし、インストーラーをダブルクリック。

  2. Nextをクリック。


  3. エンドユーザー使用許諾契約(EULA)を、ご一読ください。
    その後、I accept the terms in the AgreementのチェックをONにしてEULAに同意いただきNextをクリック。


  4. バージョン7.2.1以上のe-Stageをインストールする場合のみ表示されます。
    今後のユーザーエクスペリエンス向上のため匿名のデータ収集にご協力・同意いただける場合はI agree that Materialise may collect, store and analyze collected dataのチェックをONに、同意いただけない場合はチェックをOFFにし、Nextをクリック。

  5. インストール先を指定します。
    Locationで指定されたフォルダにインストールされます。基本的には初期設定値のままで構いませんが、マイナーバージョンの場合は重複することがあるので、既存のプログラムを上書きしないよう適宜フォルダ名を変更してください。詳細は、当該バージョンのe-Stageのリリース情報をご参照ください。


  6. Installをクリックすると、インストールが始まります。


  7. インストールが終わると、この画面になります。Finishをクリックして完了。


インストール完了後は必ずPCを再起動してください。
ログオフだけでは不可です。


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。