【用語集】プラットフォーム変更

Update: 2021.11.02

CCKに紐付けられたシステムID / Computer IDを変更することをいいます。言い換えると、別のPCにマテリアライズソフトウェアのライセンスを移す (=ライセンスの移設)ことを指します。

  • ローカルライセンス
    マテリアライズソフトウェアをインストールしているPCを変更することをいいます。

  • フローティングライセンス / ワイドエリアネットワークライセンス
    フローティングライセンスサーバーをインストールしているPCを変更することをいいます。

プラットフォーム変更は、所定の手続きが必要になる場合があります。




プラットフォーム変更手続きが必要なケース

プラットフォーム変更をしようとする日を基準として、既に発行済みのキーファイルのライセンスが有効化される期間残日数(上図の期間A)が14日以上の場合は、ソフトウェアの二重使用防止の観点から、プラットフォーム変更申請書のご提出と、所定の手続き(ローカルライセンス / フローティングライセンス【サーバーPCのみ】 / フローティングライセンス【クライアントPC兼用】)が必要になります。

  • 年間保守契約が有効なユーザー様
    年間保守契約に含まれる技術サポートの一部として、無償で対応いたします。

  • 年間保守契約が無効なユーザー様
    ライセンスご購入時及び年間保守契約更新時のご案内通り、実費を頂いております。




プラットフォーム変更手続きが不要なケース

プラットフォーム変更をする日を基準として、既に発行済みのキーファイルのライセンスが有効化される期間残日数(上図の期間A)が14日未満の場合は、手続きは不要で、ユーザー様ご自身でプラットフォーム変更をすることができます。ライセンス有効化の方法やライセンスの運用形態によって、下記の4通りの方法があります。

ライセンスの自動有効化をご利用のユーザー様

ライセンスを手動で有効化をご利用のユーザー様

  • ローカルライセンス
    新しいPCにインストールしたマテリアライズソフトウェアでローカルライセンスを手動で有効化を実行してください。キーファイル申請の際、システムIDの欄は、新しいPCのマテリアライズソフトウェアで表示されているシステムIDに書き替えて進めてください。必要に応じて設定の移行を実施してください。

  • フローティングライセンス / ワイドエリアネットワークライセンス
    新しいPCにインストールしたフローティングライセンスサーバーで、フローティングライセンスを手動で有効化を実行してください。キーファイル申請の際、システムIDの欄は、新しいPCのフローティングライセンスサーバーで表示されているComputer IDに書き替えて進めてください。必要に応じて設定の移行を実施してください。


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。