SGプロファイルを同期

Update: 2021.04.23

本ページ記載内容の適用範囲は、下記2点に当てはまる、Magics 22.x以下からMagics 23.x以上にアップグレードしようとされているユーザー様のみとなります。

  • SG、SG+、VSG、Tree Supportのいずれかのライセンスをお持ちである
  • SGモード内でカスタムのサポートプロファイルを作成し、運用している
Delete

恐れ入りますが、下記バージョンのBuild Processorをお使いのユーザー様は、別途お問い合わせください。

  • Concept Laser Build Processor 1.2.7 (1.2.00007.0)
  • EOS Build Processor 1.2 (1.2.00071.0)


概要

Magics 22.x以下のサポート生成モジュール(SG/SG+/VSG/Tree Support)では、下記の通り異なる2ヵ所でカスタムのサポートプロファイルを作成でき、それぞれ別ファイルで管理していました。

  • サポートライブラリ
    SGモード内で作成したカスタムのサポートプロファイルはサポートライブラリに保存され、そのMagicsで使用できる全てのマイマシン共通で使用できる。


  • マシンプロパティ内で作成したカスタムのサポートプロファイル
    マイマシン(マシンファイル)にのみ保存され、そのマイマシンを現在のシーンとして使用しているときだけ使用できる。

Magics 23ではマシンファイル(*.mmcf)の仕様を変更し、サポートライブラリをマシンファイルに統合しました。その関係で、Magics 22.x以下のSGモード内でカスタムのサポートプロファイルを作成・保存して運用されているユーザー様がMagics 23.0以上にアップグレードされる場合は、このページで述べるSGプロファイルを同期が何らかの形で実行され、サポートライブラリをマシンファイルに統合する必要があります。

Magics 23.0以上をインストールする際には自動的にSGプロファイルを同期が実行されますが、同期が不完全な場合があるため、該当するユーザー様にはお手数をおかけいたしますが、手動でのコマンドの実行をお勧めします。


事前にご確認ください

  • SGプロファイルを同期を実行すると、その時点でMy Machinesフォルダ内にある全てのマイマシン(マシンファイル)及び、現在BPマネージャに登録されている全ての3Dプリンタのマシンファイルとサポートライブラリが同期し、統合されます。
  • 同期後のマシンファイルはMagics 23.0以降でお使いいただける仕様に更新されます。引き続きMagics 22.x以下のバージョンでもお使いいただけますが、バージョン22.x以下のMagicsからマシンファイルに対して一切変更を加えないでください。もしも変更を加えた場合はマシンファイルが壊れます。
  • 上記の2項目の理由により、Magics 23.x以降への完全移行をお勧めします。


同期の準備

設定ファイルのバックアップに加え、下記の設定フォルダを確認及びフォルダごとコピーしてください。

  • サポートライブラリ
    下記フォルダにsp_library.splというファイルが存在するか確認してください。ただし、もしもSGモード内でカスタムのサポートプロファイルを作成したことがない場合、このファイルは存在しません。ポートライブラリにファイルが存在しなくても同期を実行してください。
    C:\ProgramData\Materialise\Magics\SupportsLibrary

  • マイマシン
    下記フォルダ内にサポートライブラリを同期させたいマシンファイル(*.mmcf)があるか確認してください。もしも同期させたくないマシンファイルがある場合は、一時的に他の場所に避けてください。
    C:\ProgramData\Materialise\Magics\My Machines

  • BPマネージャに登録されている3Dプリンタ
    BPをお使いのユーザー様のみ。BPのマシンファイルは、現在BPマネージャに登録されている各3Dプリンタの、詳細設定 (Configure)で割り当てられているバージョンの設定フォルダに対してのみ同期されます。インストールされているがBPマネージャに登録されていないものについては同期されません。
    C:\ProgramData\Materialise\BuildProcessors\(BPの名称別)\(バージョン)


同期の手順

  1. バージョン23.01以上のMagicsを起動。

  2. クイック検索同期と入力し、キーボードのEnterキーを押す。

  3. 検索結果として表示されるSGプロファイルを同期を選択。

  4. プログレスバーが表示され、同期が始まります。


  5. プログレスバーが消えたらMagicsを終了。

  6. 再度起動し、下記「確認」の手順にてサポートライブラリがマシンファイルに同期されているか、ご確認ください。


確認

  1. バージョン23.01以上のMagicsを起動。

  2. 対象のマイマシンをデフォルトに設定のうえ、リボンから 造形準備 > マシンプロパティ をクリック。

  3. 左のメニューから サポートパラメータ を選択。

  4. デフォルトSGプロファイルサポートタイプ で、同期を確認したいサポートタイプを選択。

  5. プロファイル のプルダウンメニューに、Magics 22.x以下で作成したサポートライブラリ及びマシンプロパティのカスタムサポートプロファイルが表示されているか、確認。


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。