【リリース情報】e-Stage 7.2.1

Materialise e-Stage 7.2.1 (7.2.1.170)をリリースしました。本リリースは不具合修正を目的としたマイナーバージョンです。


2020年8月3日の時点で下記のいずれかのライセンスの年間保守契約が有効なユーザー様

  • e-Stage
  • e-Stage for bottom up
  • e-Stage for Metal


同時にインストールされるソフトウェア

  • Materialise e-Stage 7.2.1.170
  • Materialise Local License Server 6.6 (Windowsの 設定 > アプリ > アプリと機能 には表示されません)


補足事項

  • e-Stage for Metalのユーザー様は、Magics 24.1以上のバージョンとの組み合わせでお使いいただくことを強くお勧めします(Magics本体側にも改良点があるため)。
  • ごく短期間ですがe-Stage 7.2 (7.2.0.168)を配布しておりました。既にe-Stage 7.2をお使いいただいているユーザー様は、お手数おかけいたしますがe-Stage 7.2.1への切り替えをお願いできるでしょうか。その際e-Stage 7.2と7.2.1を同じフォルダにインストールしないよう、先にe-Stage 7.2をアンインストールした後で7.2.1をインストールするようにしてください。


インストーラーの入手方法

ダウンロード手順の詳細はこちらをご参照ください。

  • ダウンロード手順2は、e-StageのCCKを入力してください。
  • ダウンロード手順5は、上から順にe-Stage、e-Stage 7.2、EU、を選択してください。

ダウンロードいただくインストーラーの情報:

  • ファイル名: e-Stage-7.2.1-x64.msi
  • ファイルサイズ(ファイルのプロパティ): 53.9MB
  • チェックサム(SHA256): 5C429845CA16D420786A7B0217BAC9935AF186640BFDD15056F67BC803880107


ライセンス有効化の手順

ライセンスに関わらず新規インストールはこちら、アップグレードインストールはこちらをご参照いただき、必ずインストールしたバージョンのライセンスを有効化してください


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。