【リリース情報】EOS Build Processor 2.2

EOS Build Processor 2.2 (2.2.00034.0)をリリースしました。


対象

  • 2019年12月2日の時点でEOS Build Processorの年間保守契約が有効なユーザー様


EOS Build Processor 1.2.1からの主な変更内容

機能追加・変更・改良

  • BPパラメータにカテゴリーを作成できるようになり、複数セットをグループで切り替えられるようになりました。
  • Build Processor System 3.x、及びBuild Processor Interface 4.xをバンドルしました。

不具合修正

  • EOS BPの「Cut Supports across Z=0」が働かなかった問題を解消しました。
  • EOS BPとe-Stage for Metalを連携させる設定を、正しく保存できるようになりました。
  • EOS BPのマシンファイルに、サポートのカスタム設定を正しく保存できるようになりました。


同時にインストールされるソフトウェア

  • EOS Build Processor 2.2.00034.0
  • Build Processor System 3.0.32.0
  • Build Processor Interface 4.0.27.0
  • Materialise Local License Server 7.0
  • Microsoft .NET Framework 4.6.2


インストーラーの入手方法

ダウンロード手順の詳細はこちらをご参照ください。

  • ダウンロード手順2は、MagicsのCCKを入力してください。
  • ダウンロード手順5は、上から順にBP - EOS Build Processor、EOS Build Processor 2.2、EU、を選択してください。


  • ファイル名: EOSBuildProcessor_2.2.exe
  • ファイルサイズ(ファイルのプロパティ): 87.6MB
  • チェックサム(SHA256): 2C4AEEE78CE06033CC1E32BC16496725B3F7126D1E43F8BD336E93202D7329F5


ライセンス有効化の手順

こちらをご参照いただき、必ずインストールしたバージョンのライセンスを有効化してください


この記事はお役に立ちましたか?

もし該当する記事が見つからない場合は、

サポート窓口までお問い合わせください。